家族が増えて荷物がいっぱい!家をスッキリ片付ける方法

収納の豆知識

子どもが増えると一緒に増えるのが「モノ」。

服やおもちゃ、おむつに絵本、大きいモノでいうとベビーベッドやベビーカー、ベビーバスなんかも増えちゃいます。

これだけモノが増えると、収納が間に合わなくなって、家の中がモノで溢れてしまいます。

今回の記事では、家族が増えて荷物がいっぱいになったときの、家をスッキリ片付ける方法をご紹介したいと思います。

家をスッキリ片付ける方法

いるモノといらないモノを仕訳する

いるモノといらないモノを仕分けすることがまず第一歩です。

特に子どものモノって、捨てたくても捨てれないものや、次の子どものために取っておかないといけないものがあるのでどうすればいいのか困ってしまいますよね。

でも全部を取っておくと、モノは増える一方です。

なので、子どものモノを仕分けする必要があります。

まず、現在使っているモノと、もう使わなくなったモノを仕分けしましょう。

もし子どもが増える(増やす)予定がないなら、使わなくなったモノはリサイクルショップに売ったり、メルカリなどのフリマアプリで出品すれば、少しは足しになりますよね。

まだ子供が増える(増やす)予定があるなら、ひと所にまとめて、保管しておく必要があるかもしれません。

もし、保管スペースがないという場合は、一時的にトランクルームや宅配ボックスを借りて、そこに保管するという手もあります。

1年以上使わないモノは捨てる

モノを捨てるか捨てないかを判断する基準を決めると捨てやすくなります。

私の場合は、1年以上使わなかったモノは捨てるという基準を作ってからは、意外とポンポン捨てることができるようになりました。

特に服は着なくなってもなかなか手放せないものですが、昨シーズンは着たかを考えて、着なかったものはリサイクルショップに持っていくようにしています。

モノを増やさない

計画なしにモノを買うと、モノはどんどん増えてしまいます。

なので、モノを買う前に、ひと呼吸置きましょう。

私の場合ですが、もしコレを買ったとして、コレを使ってる一年後の姿を想像してみます。

すると、ほとんどの場合、最初だけで使わないと判断して、買うのをやめることができます。

本や紙は電子化する

本って意外と場所を取るものですよね。

もう読まない本はブックオフなどに売りに行くなどして、少しでも減らしましょう。

もし新たに本を買う場合は、電子書籍で購入することをおススメします。

iPadのようなタブレットやkindleなどで読めば、本の収納に悩むことはなくなります。

また図書館も利用しましょう。

書類は一見場所を取らないように見えますが、溜まり溜まった書類が山のようになって、整理がつかない場合があります。

捨てられない書類は、スマホで写メすれば、整理しやすくなります。

また、「保険の約款」や「家電製品の取扱説明書」なども、メーカーのホームページからPDFでダウンロードできるものが多いので、電子データとして保管すると整理整頓に役立ちます。

いくら片付けてもモノが入らない・・・収納の救世主はコレだった!

季節物の家電や衣類、年に1度か2度しか使わないクリスマスツリーやアウトドアグッズなど、置く場所に困ることってありますよね?

収納をいくら整理しても置き場には限界があります。

いっそのこと広い家に引っ越そうか・・・なんて人もいらっしゃるかもしれません。

ちょっと待ってください!

引っ越しとなると、賃貸でも敷金や礼金、今住んでいるお部屋の修繕費などがかかることもあります。

もちろん引っ越し費用だってバカになりません。

実はもっと簡単に収納を増やすことができるの方法があるんです!

それがトランクルームです。

トランクルームって何?

トランクルームというのは、普段使わない荷物などを預けることができる貸スペースのことです。

 

例えば、扇風機やストーブといった季節物の家電、アウトドア用品、冬タイヤなどは、一年じゅう使うモノではありませんから、大抵のご家庭ではしまっておく場所に困る人が多いのではないでしょうか?

季節物荷物

そんな時、自宅の近くにトランクルームがあれば、使わなくなったものはすぐにトランクルームに入れておけば、家の中の居住スペースが増え、いつでもスッキリした状態を保つことができます。

実は当サイトの筆者もトランクルームを借りていますが、季節家電はもちろん、タイヤのや衣類まで預けているので、家の中はスッキリ片付いています。

ただ、「トランクルーム」と言っても様々な種類があるので、自分のスタイルや用途に合ったものを選ぶ必要があります。

⇒記事の続きはこちら

収納の豆知識
shunoutoをフォローする
収納人

コメント

タイトルとURLをコピーしました