「引っ越し難民」対策!格安で引っ越しする裏ワザを大公開!

収納の豆知識

引っ越しシーズンの引っ越しは、見積もりが高額になったり、希望のスケジュールで引っ越しができないというのはこれまで同様ですが、2019年の現在では「引っ越し難民」という言葉が生まれるほど、さらにその事態が社会問題となっています。

中には都内での引っ越しなのに、100万円以上の見積もりを取られたり、どの業者もスケジュールが詰まっていて希望日には引っ越しできないという、いわゆる「引っ越し難民」となってしまっているようです。

今回の記事では、「引っ越し難民」が増えた背景や、引っ越しシーズン中でも「格安」で引っ越しするための裏ワザをご紹介したいと思います。

「引っ越し難民」の背景

引っ越し業者

2019年春の引っ越しシーズンは、これまでにない「引っ越し難民」が続出したようですが、その背景には何があったのでしょうか?

いくつかの要因が重なったことが原因のようです。

1.ヤマトHD問題
2018年8月に、ヤマト運輸の子会社「ヤマトホームコンビニエンス」が、法人向け引っ越し代金を2640社から約17億円もの過大請求をしていたことが発覚し、全ての引っ越しサービスの新規受注を休止することになりました。

2.レオパレス問題
レオパレス21による国の構造基準を満たしていない1324棟のアパートが発覚し、3月末までに引っ越しすることを発表しました。

3.引っ越し業者の減少
引っ越し業者は、シーズン中は仕事が多いのですが、シーズンが終わると仕事が少なくなり、収入も減ってしまいます。それに比べ、宅配業者というのは、通販需要が増えたため、年中安定して仕事があることが理由で、宅配業者に転職する人が増えているようです。

4.人手不足
肉体労働を嫌う若者や、車に興味のない若者が増え、免許すら持っていない若者が増加していることがドライバーの人員不足の要因となっているようです。
また、「働き方改革」によって、残業や休みの日を設けるなど、ドライバーの労働時間が減ったことにより、受注件数が取れなくなっていることも要因となっています。

格安引っ越しの裏ワザ

引っ越しシーズン中に希望する日に引っ越しをしようとすると、高額な見積りを取られることがあります。

何社か見積もりを取って一番安いところにしようと思っても、シーズン中はどこも安くしてくれるところはありません。

そこで、格安で引っ越しをする裏ワザをご紹介します。

自力で引っ越しする

レンタカーで引っ越し

レンタカーを借りて、友人に日当だけ払って手伝ってもらうという方法です。

これだと、レンタカー代+ガソリン代+友人に払う日当分だけで引っ越しができますので、引っ越し業者と比べるとかなり安く引っ越しができます。

ただ、単身であればこの方法は有効ですが、家族分の荷物となるとトラックを借りたりしなければいけませんし、人数もかなり必要ですので、この方法は難しいかもしれません。

また、引っ越しシーズンはレンタカーの予約が取りにくいので、早めに予約することをお忘れなく。

荷物を最小限にし、宅配便で送る

宅配便で引っ越し

長距離の引っ越しをする方におススメなのが、こちらの方法です。

引っ越しの料金は、距離と荷物の量で決まります。

そこで、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電を、引っ越す前にリサイクルショップなどに売ってお金に換えます。

また小さなモノも、メルカリなどのフリマアプリで売ってしまいます。

そして、最小限の荷物だけ段ボールに入れて、その荷物を宅配便で送るという方法です。

引っ越し先では、新たに冷蔵庫や洗濯機などを購入する必要がありますが、新たな気持ちで新生活に望めますし、引っ越し業者を利用するより格安で引っ越すことができます。

トランクルームに一時避難する

トランクルームに一時避難

引っ越しの日が決まっているのに、料金が高くて引っ越しできないという人におススメなのが、トランクルームです。

とりあえず荷物を出さなければいけませんので、一時的にトランクルームに荷物を移し、その後、引っ越しシーズンが終わって平常料金に戻ってから、新居に荷物を移すという使い方ができます。

トランクルームの業者さんによっては、旧自宅からトランクルームまで荷物を運ぶサービスを無料でやってくれるところもあるようです。

⇒引っ越し難民を救うおススメのトランクルームはこちら 

まとめ

今回の記事では、引っ越しシーズンの引っ越しの際に、格安で引っ越す裏ワザをご紹介しましたが、なにもこれは引っ越しシーズンでなくても、活用できる裏ワザです。

今から引っ越しの準備をしないといけないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

いくら片付けてもモノが入らない・・・収納の救世主はコレだった!

季節物の家電や衣類、年に1度か2度しか使わないクリスマスツリーやアウトドアグッズなど、置く場所に困ることってありますよね?

収納をいくら整理しても置き場には限界があります。

いっそのこと広い家に引っ越そうか・・・なんて人もいらっしゃるかもしれません。

ちょっと待ってください!

引っ越しとなると、賃貸でも敷金や礼金、今住んでいるお部屋の修繕費などがかかることもあります。

もちろん引っ越し費用だってバカになりません。

実はもっと簡単に収納を増やすことができるの方法があるんです!

それがトランクルームです。

トランクルームって何?

トランクルームというのは、普段使わない荷物などを預けることができる貸スペースのことです。

 

例えば、扇風機やストーブといった季節物の家電、アウトドア用品、冬タイヤなどは、一年じゅう使うモノではありませんから、大抵のご家庭ではしまっておく場所に困る人が多いのではないでしょうか?

季節物荷物

そんな時、自宅の近くにトランクルームがあれば、使わなくなったものはすぐにトランクルームに入れておけば、家の中の居住スペースが増え、いつでもスッキリした状態を保つことができます。

実は当サイトの筆者もトランクルームを借りていますが、季節家電はもちろん、タイヤのや衣類まで預けているので、家の中はスッキリ片付いています。

ただ、「トランクルーム」と言っても様々な種類があるので、自分のスタイルや用途に合ったものを選ぶ必要があります。

⇒記事の続きはこちら

収納の豆知識
shunoutoをフォローする
収納人

コメント

タイトルとURLをコピーしました